五日め の続き

さて、2回目ともなるとすっかり手順もアタマに入っている。

何せ3日前のコトだ。

前回と同じくやや早めに呼ばれ、慌てて準備をして手術室に向かう。

一度目は、局所麻酔なのに気がついたら手術が終わっていたので痛みに対しても余裕だ。

ところが、前回とは違って手術が始まるとすぐに痛くてしかたがない。

あれ? これがホントの局所麻酔?

痛いときは遠慮せず言ってくださいね〜
と言われているので、
い いたいですう〜 となみだ声で訴えた。
言っておくがちょっとはガマンしましたよ。

すぐに痛み止めを追加してもらったが、手術になれているお医者さんたちは薬が効くまで待ってくれるはずも無くそのまま続行。

結局最後まで意識がはっきりしたまま。
よくガンバったな自分!!

病室に戻り安静に過ごすのだが、手術の疲れからか爆睡して気がついたら夕飯の時間。

またまた前回と違って食欲がある。
ようやく痛み止めが効いてきたかな?
パクパクご飯を食べて再びぐっすり眠っていたら、夜中にジワジワと痛くなってきた。

今度は痛みがピークになる前に痛み止めを貰おうと、ナースコールをして看護師さんに頼んでみる。

さあ、痛み止めも飲んだしご飯も食べた。
今回は朝まで眠れるだろう。
明日はどんな顔になっているかな〜?!

五日め

今日も朝イチで目薬をつけ診察を待つ。
まだ目薬をつけないと痛みがある。

ひと通り診てもらったところ、もう少し中に溜まっているドロッとした水が抜けると良いらしい。

一緒に手術をしたもうひとりの先生にも診てもらった結果、一旦退院して様子をみて経過が思わしくなかったらもう一度手術をするか、それともこのまま再手術をしてもう少し入院するか迷うところらしい。
先生方2、3人で考え込んでいる。

仕方がないので、家が遠いのと高齢の家族がいるので入退院を繰り返すのは大変、できれば今のうちにお願いしたい、とこちらから頼んで早速その日の夕方再手術をする事に決まった。

前回と同じくいろんな書類にサインをして、手術の準備が始まるのを待つ間ダンナさんにラインしてみたが、もちろん仕事中で返信は来ない。

いいトシしたオバちゃんは手術でも何でも自分で決められるけど、コロナ禍で家族に会えず不安を抱えてる人もいるだろうな〜

さて、どうやら2回目も早めに始まりそうだ。
がんばるぞ! と自分で自分を励まして手術に臨みました。

  五日めはまだ続く‥

四日め

朝起きると、まだ眼が痛い。

目薬をつけるとだいぶラクになるが、腫れは昨日とあまり変わりないみたい。

朝ごはんの後診察室で診てもらったが、何せ剥離してだいぶ経ってからの手術のため、治るのにも時間がかかりそうだ。
最初は術後5日くらいで退院できると思う、と言われたがどうかな〜?

ダンナさん、仕事がお休みなので病院に来る と連絡してきた。

もちろん面会はできないが、差し入れがあれば看護師さんが預かってくれるそうだ。
ホントにご苦労さまです。

売店へは勝手に行けないので(車椅子で付き添いがいないとダメらしい。当たり前か‥)
飲み物とおやつを頼んじゃった!

今日からお風呂にも入れる。
シャワーを浴びて、とてもさっぱり!
顔と髪はまだ洗えないけど、入浴できるってとてもシアワセだー!!

そして気がつくと、とてもヒマを持て余している。
目薬をつける 食べる 寝る 他に何かすることないかしら‥

三日め

朝になって、ようやく右眼の痛みが少しラクになった。

病棟にある眼科の診察室で、眼を覆っていたガーゼを取って診てもらい、部屋に戻って鏡で自分の顔を見てみると‥

まあ、ビックリするくらい瞼が腫れている。
うっすら開いてる眼の下の方はまっかっか!

予めかなり腫れるとは言われていたが、だいぶ衝撃的な人相であった。
若いお嬢さんならさぞかしガッカリするでしょうねぇ〜。

今日は一日安静に過ごすように言われている。

ヒマならテレビ見て本でも読んで‥
と入院前はいろいろ考えていたが、手術後は全くムリな事がよくわかった。
ひたすら眼を休め、一日中ベッドで寝たり起きたりしてるうちに痛みもさらにひいて周りも見えるようになってきた。

明日はもう少し腫れもひいてくれるといいな〜

二日目

手術当日。
午後2時半からの予定がだいぶ早まり、お昼頃から手術の準備が始まった。

目薬、点滴、注射等が終わり、いよいよストレッチャーで手術室へ。

昨日の車椅子といい、移動の度に他人の手を借りるのはホントに申し訳ない気持ちになる。

で、肝心の手術についてだが、これがなんと全然記憶にない。
局所麻酔のハズが気がついたら終わっていた。
あれ?ワタシ全身麻酔だったっけ? 

実は、眼の手術はだいぶ痛い と聞いたことあるし手術の説明でも、痛いときは合図してね痛み止め追加するからね と言われ覚悟して臨んだのでちょっと安心した。

ところが病室へ戻り、一時間程度安静にしてるうちジワジワと痛みが出てきた。
きっと麻酔が切れたんでしょうね‥

夕飯も食べられずに寝ていると、様子を見に来た看護師さんが痛み止めを持って来てくれた。
が、すでに痛みはピーク、一錠もらって飲んだくらいじゃおさまらず朝までけっこうヒドかったですよ。

夜中トイレに行く時も、何でもない左眼をあけようとするだけで何故か右眼が痛くて痛くて、ポロポロ涙を流しながら時間をかけて歩いていった。

ようやく少し痛みがひいてきたかな〜 と思ったのは明け方くらい。
ながーい1日でした。

一日め

外来にて検査。

詳しく診てもらったところ、右眼の下の方に剥離があるもののだいぶ経っているらしい。
しかも少し剥離して留まっていて、境目が萎縮している? との事。

何でこんなコトになっているのか、眼科のエライ先生も首を傾げていた。

レーザーでもあてた?
と、聞かれたがふつーのオバサンには心当たりがない。

他に主治医やら手術の担当医やら2、3人の先生に診てもらったが皆同じこと聞いてくる。

結局ハッキリとした原因はわからずじまいだったが、剥離が途中で留まった事によってほとんど自覚症状もなく視力も変わらなかったんですねぇ〜

手術の方法は2種類あるらしく、私の場合は強膜バックリング法と呼ばれる術式になった。
担当の先生は図を書いて詳しく説明してくれたし、私も前もってあれこれと調べていったのでスムーズに話が進んだ。

とりあえず、見えなくなる心配はなさそう!

いろんな書類にサインをして、入院のための検査を終えようやく病棟へ。

申し訳ないことに車椅子での移動である。
まさか眼の手術で車椅子を押してもらうことになるとは?!

病室に入って荷物をしまうと、もうやることがない。
のんびりテレビを見て、そういえば夕飯の心配しなくて良いんだなぁ〜 などと思ってました。

今年の夏!!④

話を戻すと、入院手術のため病院に着いたのは月曜の朝。

偶然ダンナさんの仕事がお休みで本当に助かった。手続きが大変だもんね〜💦

検査に約半日かかり、ようやく病棟に入ったのは午後の2時過ぎくらい、もう空腹でグッタリ。

実はいろいろ検査してもらったところ、それほど緊急性はなかったらしく、担当医は えーと手術はいつが良いかな? とか言い出した。

ええ〜! この荷物持って帰ってまた来るの?

内心、トンデモナイ と思ったので、かかりつけの眼科の先生には入院手術になるから用意を持って行くように言われてきました!!
と訴えて、翌日の手術が決まった。

あー良かった

さて、コロナ禍でもちろん病棟にダンナさんは入れない。

じゃあね〜
掃除洗濯よろしくね〜
退院の日休めたら迎えに来てね〜

聞いてんだか聞いてないんだか、そそくさと帰って行った。
まもなく、遅いお昼ごはんを食べました! とそれは嬉しそうなラインがきた。
ああ〜 アンタもお腹がすいてたのね〜

こうして出産以来○十年ぶりの入院生活が始まった。
さて、ようやく網膜剥離の手術の話に進みまーす。